ゆっけの雑記

日々の生活のお金の話、洋服、グルメなどの雑記です。

今年は市販薬を買ったレシートを取っておくべし!セルフメディケーション税制とは?

セルフメディケーション税制とは、

簡単に言うと年間1万2千円以上市販薬を買うと税金が返ってくる制度で、2017年から始まりました。

 

この市販薬というのは、正確に言うとスイッチOTC医薬品(要指導医薬および一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)というものになります。

 

 

この制度を利用すると、市販薬の購入金額が1万2千円以上超えたときに、超えた金額分が所得控除になります。

つまり、超えた金額分には税金がかからないということです。

 

 

具体的に計算をしてみると、

例えば、所得税率20%住民税率10%の人が年間5万円の市販薬を購入した場合、

 

50,000-12,000=38,000

つまり38,000円の所得控除。

38,000×(20%+10%)=11,400

よって、税金11,400円返ってきます。

 

これはちょこっと嬉しいですよね。

 

 

ちなみに、税金の還付を受けるには、

購入した市販薬の領収書を持って確定申告をすればオッケーです。

 

また対象の市販薬には、税控除と書かれたシールが張ってあります。

 

 

この税制が実施された背景には、「自分で治せる軽い風邪などは病院へ行かず、自分で直してくださいね」といったメッセージがあります。

 

こういった国の税制の変化には、ほぼ必ず何かしらの狙いがありますね。

 

 

ではでは今回はこの辺りで。